designer-z’s diary

備忘録・無断転載禁止

親の家に住まわせていただいている

タイトルが二重敬語になろうが知らない。

 

健全な家庭で毎日を送っていて、

現在親のもとで暮らしている子供は

「親の家に住まわせていただいている」と思っていたほうが良い。

家庭環境は一人ひとり違うから言い切れないけど。

 

「これは親から自分に与えられた、私の部屋だ」

「これは親と共に、私が住んでいる家だ」

こう思うのは当たり前。私もそう。

しかしよく考えると「私の部屋」も「私が住んでいる家」も

どちらも親の所有物だ。

 

親の所有物である家や部屋を私は使っている

→元々親が使う予定だった・使いたかった家の設備を私は使っている

→「親の家に住まわせていただいている」と考えるのが正しい…?

と思うようになった。